長期に渡る返済

キャッシングやカードローンのリボ払いというと、長期間にわたる返済では、利息が膨らんでしまうというデメリットがあります。確かに、毎月の返済金額が一定なのはうれしいことです。それによって、生活の質を落とすことなく返済ができますので・・・。しかし、その分返済総額が多くなってしまうというのは、それでもやはり悔しいものです。

 

リボ払いのそういった弱点を解消したのが、残高スライド方式です。従来のリボ払いでは、残高がいくらであろうとも、毎回の返済金額は一緒というのが普通でした。しかしこれですと、返済期間が長くなる傾向があり、どうしても利息の支払総額は多くなってしまいます。

 

そこで、残高スライド方式では、借入残高に応じて毎回の返済金額が変動するという方式を取っております。例えば、残高が200万円から300万円のときには、毎回の元金の返済金額は30000円だが、残高が100万円から200万円になると、毎回の元金の返済金額は20000円となる、と言った具合です。

 

この方式を採用するところは結構増えております。この方式ですと、最初の頃の返済は少し大変かもしれませんが、そこをクリアすれば結構返済は楽になります。リボ払いと分割払いのいいとこ取りといった感じです。

 

あまりにも返済が長くなるようであれば、低い金利で借り入れをまとめられるおまとめローンの審査を受けることも考えてみると良いでしょう。